2019/02/07(木)FreeBSD の portupgrade

2019/02/07 18:47 サーバ運営・管理
FreeBSDを10 から11にしたあと、portupgrade で ports 導入の各ソフトウェアを更新したりすると、
===>  Cleaning for ImageMagick7-nox11-7.0.8.22
--->  Cleaning out obsolete shared libraries
No such file or directory @ realpath_rec - /usr/local/lib/compat/pkg/db5
No such file or directory @ realpath_rec - /usr/local/lib/compat/pkg/db5
No such file or directory @ realpath_rec - /usr/local/lib/compat/pkg/db5
No such file or directory @ realpath_rec - /usr/local/lib/compat/pkg/db5
No such file or directory @ realpath_rec - /usr/local/lib/compat/pkg/db5
No such file or directory @ realpath_rec - /usr/local/lib/compat/pkg/db5
のようなメッセージが毎回出るようにになります。実害は無いのでほったらかし状態だったが、気になるものは気になるので、対策を。。
# cd /usr/local/lib/compat/pkg
# ls -al
lrwxr-xr-x  1 root  wheel        22  7月  4  2018 libdb_cxx-5.3.so.0@ -> db5/libdb_cxx-5.3.so.0
lrwxr-xr-x  1 root  wheel        18  7月  4  2018 libdb_cxx-5.so.0@ -> libdb_cxx-5.3.so.0
lrwxr-xr-x  1 root  wheel        22  7月  4  2018 libdb_stl-5.3.so.0@ -> db5/libdb_stl-5.3.so.0
lrwxr-xr-x  1 root  wheel        18  7月  4  2018 libdb_stl-5.so.0@ -> libdb_stl-5.3.so.0
lrwxr-xr-x  1 root  wheel        18  7月  4  2018 libdb-5.3.so.0@ -> db5/libdb-5.3.so.0
lrwxr-xr-x  1 root  wheel        14  7月  4  2018 libdb-5.so.0@ -> libdb-5.3.so.0
実に簡単。上記6つのシンボリックリンクを削除するだけ。これで解決しました。
OSをメジャーバージョンアップデートしたら、依存ライブラリは変更されていることが殆どなので、できるだけ早めに各ソフトウェアは再コンパイルするのが無難。

FreeBSD は、後方互換機能で何事もなく動作することが多いです。
しかしそれに頼り切っていると経験上、ある日突然、不可解な障害に悩むことになるのです。
OK キャンセル 確認 その他