2020/01/23(木)Raspberry Pi 3 Model B+ FreeBSD12.1 その他の情報

雑多な情報を、書き残しておきます。

・FreeBSD RaspBerry Pi 3 は FreeBSD/ARM 対応プロジェクトの一環で開発作業が続けられており、
 位置づけは、Tire 2 となっています。
 従って、Tire 1 サポート(i386、amd64 が該当)のみとなっている FreeBSD UPDATE は使えません。

・FreeBSD/ARM 対応プロジェクトは、Tire 1 に乗せる準備が進められている模様。
 FreeBSD が組み込み機器用途で使用できる最初のプラットフォームになれるかも。

・FreeBSD における GPIO 制御は、gpioctl コマンドが使用できます。
 Perl には、これと同じことを Perl スクリプトで行うための Device::BCM2835 なるモジュールや、
 RPi::Pin、WiringPi::API などありますが、FreeBSD12.1 ではどれも使えません。

 以下のような感じでピン情報を取得します(例):
  $result = qx(gpioctl -l) ;
  chomp ($result) ;
  my @iostat = split("\n",$result) ;

  foreach my $getpin (@iostat) {
    $getpin =~ /\Apin\s(\d+):\s+(\d)/ ;
    next if ($pinnum ne $1) ;
    $lvlstat = $2 ;
    last ;
  }
# $pinnum に文字列でピン番号を与え、$lvlstat に 0か1 が入ります。
# 0 がL、1 がHです。
OK キャンセル 確認 その他