2009/05/27(水)VOR 短波-英語放送

2009/05/26 24:53 BCL(短波)
モスクワ放送の時代から続いている、人気の高い英語放送です。
最近全く聴いておらず、何故か久々に聞きたくなったので、周波数をチェック。。

全体的に送信周波数は減らしている感ありですね。
日本で聞けそうなのは、オーストラリア・ニュージーランド向け・北米向け・中南米向け・アジア向け、といったところでしょうか。

ロシアの場合、公表されている情報と実際に放送が実施されている状況が異なることは良くあるんですが、一応チェックも兼ねてということで。。
以下のスケジュールで運営されているようです。

○オーストラリア・ニュージーランド向け
15:00-18:00  21790 17635
18:00-19:00  21790

○北米向け
07:00-08:00  9890
08:00-11:00  9665 9890
11:00-13:00  15425
13:00-15:00  13775

○中南米向け
08:00-09:00  9665
09:00-12:00  9665 9480
12:00-13:00  9665

○アジア向け
12:00-14:00  15755 15585
16:00-18:00  1251
18:00-20:00  15610 15470
20:00-21:00  15470 12065
21:00-22:00  15470 7330
22:00-23:00  12065 7330
23:00-24:00  15605 9850 7330 6045 1323 1251
24:00-25:00  15605 9850 9660 9625 6045
25:00-26:00  1251
26:00-27:00  1269 1251

〔引用元〕 http://www.ruvr.ru/main.php?lng=eng&w=129&p=
#時刻は全て日本時間 JST に修正しています。引用元では UTC(世界標準時)表記です。

一番周波数が賑やかな 23:00-24:00 の5/26 における状況です。
15605kHz は全くの無感。
9850kHz は S9 で強力入感。
7330kHz,6045kHz は S5 程度で少し中国語な局の被りあり。
1323kHz は何かがいるのが判る程度。
1251kHz は英語の代わりに、中国語な放送が聞こえていました。

引き続き、24:00 からも聴いていますが、
15605kHz は引き続き全くの無感。
9850kHz は S3-S8 で変化しつつも変調が深いので了解度良し。
9660kHz,9625kHz は 全くの無感。
6045kHz はS5程度だが、中国語な放送局が居なくなったお陰で了解度良し。

モスクワ放送の時代は 1251kHz でも日本語放送が強力に聞こえていたし、少なくとも中国語な中波局が被ることは無かったのですが、、
1323kHz では、深夜帯に韓国語放送が聞こえることがありましたね。

受信は SONY ICF-2001D+AN-1 の組み合わせです。
OK キャンセル 確認 その他