2009/08/10(月)あれ、どうなった?―電力線通信(PLC)―

2009/08/10 4:15 PLC(電力線通信)
2007/12/05、 東京高等裁判所で棄却されたのは聞いていたのですが、丁度同じ時期にとんでもないことで急遽引越ししていた最中だったので、、

PLCモデムが市場に出回りだしてから3年目になりますが、それほど普及はしていないようです。
いや、環境汚染する道具なので普及しない方がいい。無線LANの方がまだマシ です。
電波法や電気通信事業法では、基本的に「受信妨害をしてはならない」というのが基本にありますので。

PLCの輻射ノイズはかねてから、技術的な駆使をどうやっても妨害を与えるレベルになることが指摘されており、PLCモデム使っただけで法令違反になりかねません。
(販売許可するのは総務省なので、総務省を問題にして居るわけだが。。。)

技術的に可能であれば、SHF帯あたりを使うようにすると、この問題は小さくなるのだけどね。
しかしながら、短波帯背景ノイズレベルは少し上がっています。
危惧したとおり、背景ノイズレベル上昇の原因がPLCに因るものかどうか判らないのです。

PLC訴訟(http://plcsuit.jp/) の方も、継続して活動されており、当方が突然の引越しで、何も考えることが出来ずに慌てていた 2007年10月に18機種認可取り消しをしていたのを、先ほど気づいた始末です。。orz

この件は、どう見ても総務省の担当部署の思考回路が狂っています。
PLCに関してはこれ以上普及しないで、自然淘汰するほうが社会の利益になります。
OK キャンセル 確認 その他