2020/10/16(金)2022年以後、JR学園都市線(札沼線)に新駅

2020/10/16 5:42 北海道の話題
JR北海道から、2020/10/14 付けでプレスリリースが出ていました。
札沼線あいの里公園・石狩太美間新駅の設置について

 この駅は、近隣の「ロイズふと実工場」が、JR北海道に対し駅設置を請願して実現したもののようです。

位置的には、あいの里公園(札幌市北区にある)と石狩太美駅(当別町にある)の間です。周囲は田んぼだらけです。

現在、この鉄路は正式名称「札沼線」だが、2020/05/06 付けで、北海道医療大学(当別町にある) ~ 新十津川間が廃止され、新駅から当別町側には、3つしか駅が無い状態なのです。なので、正式名称が「札沼線」のままではピンと来ない人も多くなり、そのうち正式名称も「学園都市線」になろうか、という勢いです。

「ロイズ」と言えば、今やチョコレートで有名になっていますが、ここにロイズの結構大きな製造工場があるのです。
工場通勤者・見学者の交通手段確保目的なのかどうかは判りませんが、周囲には幾つかのテーマパーク的施設の計画もあるらしく、
新駅開業は早ければ2022(令和4)年内とされています。

あと、JR北海道では、2025年頃にも、JR千歳線の上野幌駅~北広島駅の間に北海道日本ハムファイターズが建設中の新球場(ボールパーク)に直結する新駅が開業予定です。


*上図は、JR北海道のプレスリリースから引用
OK キャンセル 確認 その他