2019/02/11(月)今ごろになって評価されている MZ-2500

2019/02/11 19:13 コラム
まもなく35年が経過しようとしている、シャープの MZ-2500。当時は 8bit系では高機能パソコンでした。
別ブログにて、何回か紹介しました。→ MZ-2500関係の記事

当方も、当時新品で購入したものを所持しています。御覧のとおり、FDDの一基が故障してしまい、代替品を換装しているのでフロッピーディスクが取り出しにくくなっています。これでは中古品市場には出せないかな、、
20190211.jpg


ここ1~2年ですが、10万円で市場取引されることもあるようです。
シャープ製の 8bitパソコンは、伝統的に回路図やハードウェア仕様が公開されており、MZ-2500 も例外ではありません。
ただし、MZ-2500 の場合は、メーカ自身が公開しているわけではなく、メーカが積極的に出版社などに横流ししており、ハードウェア仕様は独自解析されてこれもひとつの本となって公開されています。

また、MZ-2500 の前の機種、MZ-2000 や MZ-2200 などでは、モニタプログラム(現在で言うところのOSに該当)のアセンブラソースコードと回路図が最初から付属しており、コンピュータを学ぶには格好の素材でした。

今では考えられませんが、昭和の良き時代はこうやってコンピュータの基礎を自力学習できました。
このあたりが、高値で取引される要因のひとつのようです。

2019/02/03(日)〔著作権の考え方〕パクられたよ!! でも、ちょっとは大物になった証かヾ(^^;

今に始まったことではないが・・・
炎上は誰も望まないこと故、このことで該当グループを炎上させたくないので、ここで書き込みを。
パクったご本人は謝罪投稿していましたが、そこについていたコメントの7割は低レベルなもので呆れてしまいましたが。。。
かなり「ICTリテラシー」のレベルというか、
「面白ければ何でもあり!!」みたいなものと、「今回の件も含めて皆が常に考えるべき話だね」みたいなものと二極化しています。
前者が7割、後者が3割。この時点で半ばオワッテいる状態ですよ。。後者が8割以上でなければ、同じことが繰り返されるでしょう。

facebook のとあるグループ投稿にて、
無断で品位を落とすような内容に使われていたので、「(知らぬ間に)パクられてつまらないパロディに使われたのでは気分の良いものでは無い」とコメントしたところ、
投稿者ご本人は削除したとのこと。該当記事を見かけなくなったので本当に削除したのでしょう。
直接謝罪メールもメッセージも来ていないので、気分の悪さは減衰されませんね。

パクられた画像を使っている記事は、
https://www.basekernel.jp/cgi-bin/adiary/adiary.cgi/radiocpu/0407
https://www.basekernel.jp/cgi-bin/adiary/adiary.cgi/radiocpu/051

の2つ。下記画像を一部改ざんしていました。

20070311.png

絵心が無い当方が(中学生の頃の美術の成績は5段階評価で常に2か3)、当時、どうにかしてBCLという趣味の楽しさ伝えたくて、かなり大真面目に懸命に作ったのを、つまらないパロディに使われたので、「これはちょっと・・・・・・」と思うわけです。
この画像がBCLビギナーに対しての啓蒙に無断で使われたのなら、複雑な心境ですが黙認すると思います。
(実際、Youtube にアップされている鉄道ネタ動画にて、当方のWebサイトの画像が無断使用されていたりしますが、黙認ですね。。)

しかし、今回は全くそうではなかった。制作側の心境は制作側にならないと理解できない世界がありますね。

著作権って、「制作側が意図しないことに使ってもらいたくないことを主張できる権利」ですね。パクることを頭ごなしに禁止するものではないと考えています。パクるなら「パクられてくれ」と一言、照会が欲しいかな。
当然、今回のように品位を落とすようなものは認められないけどね。
何も「カネ儲けのためだけに存在するモノではない」のです。

当方も Youtube でロイヤリティフリーの楽曲を使わせてもらっていますが、「せめてクレジット表記してくれ」という条件があるものばかり。
面倒なんですが、面倒でもキチンとクレジット表記しないと制作した側のメンタルを傷つけることがある。
これは自分自身への戒めにもなります。

2018/06/13(水)現行 UNIX/Linux 系OSの IPv6 プロトコルスタックは日本人が主導して開発された

エンジニア歴がそこそこ長い人(概ね15年以上な方々)には、頭の片隅で知られている話ですが、
IPv6 が国際社会で本格的普及を見せている現状で IPv6 を最近知った方々には全く知らない話ですね。

Linux 系には 1997年には既に IPv6 の実装がありました。
ただ、「マトモに動作せず、メンテナンスも行き届かない」という始末だったそうです。

そのような中、先見性があったかどうかは不明なのですが、日本で BSD系Unix に IPv6 プロトコルスタック(IPv6通信を処理する中枢部)を組みこむというプロジェクトが始まりました。もう20年前の1998(平成10)年4月のこと。
#あぁ、当ブログ管理人が脱サラする直前だ。。あの頃は本当に毎日が嫌だった・・・(爆)

そのプロジェクト名は KAME と命名されました。WIDEプロジェクト傘下のプロジェクトです。
WIDEプロジェクトは、複数の民間企業がスポンサーになっている先端技術開発を行う日本国内の団体です。

最初に FreeBSD に実装され、その後で他のBSD系Unix (NetBSD,OpenBSD等) に移植されました。
当時の Linux 系のIPv6 プロトコルスタックや 1995年頃から世界各国で始まっていた IPv6 の開発中間成果物を参考に流用出来る部分は流用しつつ、根本部分から作り直したのだろうと推察されます。

これは大部分が日本人の手で行われたのです。
自慢の必要はありませんが、どこかの国のように「世界初」と嘘・ハッタリをかます事をせず、貢献の事実として記憶しておきたいですね。

ロゴはこれ ↓
kame.gif
 (KAME Project

IPv6環境で接続すると、こんな感じでカメが動くのだそうです。
プロジェクト名の由来は、ここで説明書くよりも、google 先生あたりに「WIDE KAME 由来」というキーワードで検索し、そこで上位に出てきたサイトの説明を見る方が面白いと思うので、是非そうしてみて下さい。

そのような動きが日本にて Unix系で始まったものですから、Linux 系は、KAME プロジェクトの成果をインポートする(反映させる)プロジェクトとして、USAGI と名付けられたプロジェクトが、同じく WIDE プロジェクトの傘下で始まりました。
2000(平成12)年10月のことです。
#Unix も Linux も同じようなものと思う方々は日本では実に多いのですが、厳格に「似て非なるもの」と思って頂きたいです。


↓ バナーはこれ  (トップページ右下隅に表示されます)
usabanner1.png
 (USAGI Project

このような経緯ですので、イソップ物語同様、USAGI は決して KAME に追いつけないわけです。
KAME Project は、2005年11月の完了宣言を以って、2006年3月に活動が終了しています。
一方で、USAGI Project は、明確な完了宣言などは無いですが、2008年12月に表向きは終了しているようです。

2018/04/13(金)【予告】重い腰を上げてヾ(^^; ... このブログシステムそのものを変更します・・・

2018/04/12 25:56 コラム
もう数年来、コメントスパムとトラックバックスパムが酷い状態が継続しており、
トラックバックスパムのほうは、殆どが外国からのアクセスで接続そのものを遮断することで対処出来ている(トラックバックそのものも利用されなくなっていることが主因か...)状態ではあるものの、
コメントスパムは相変わらずです。

今まで改善案などご指摘して頂いた方も居られるのですが、構造的に大改造を施さないと実現できそうにない状態なので、「コメントスパムが溜まったら削除する」という消極的対処しか出来ない状況でした。

ですが、今度の5月連休の前半あたりに時間がとれそうなので、その時にブログシステムを入れ替えることにしました。

システム的に入れ替えるのは簡単なのですが、記事データ・コメントデータの移行処理に時間がかかり、面倒なのです。具体的には移行先のブログシステムが扱えるデータ形式で移行データを作成するという作業が必要です。しかし、既に手動でやれる分量でもありません。

現在稼働中のブログシステムは一般的なものではないため、そのようなデータを吐き出すスプリプト(プログラム)を作る必要があります。

そのため、ただでさえ更新が滞っているブログですが、4月末まで更新を停止します。
再開時はブログデザインが変わっているのですぐわかるかと思います。

2018/04/22[Sun] 追記
ブログシステムの入れ替えは完了していますが、移行チェック作業中です。
新しい記事追記した時点で作業完了と見てください。

2017/01/12(木)お知らせなど

2017/01/12 6:56 コラム
昨今のHTML5 対応の進行と、Flush のサポートが各種ブラウザで打ち切られ始めましたので、
記事のひとつひとつをチェックして、Flashplayer を使わないように過去の記事を全て修正しました。
flv形式の動画は、mp4(H.264+aac)に、
swf ファイルに別途依存していた mp3 再生と動画再生は、HTML5 の標準機能を使うようにしました。
修正漏れはあるかもしれません。

第1号の記事はこれです。 ↓


最初は Nifty社(有料会員制)が提供していた「ココログ」というものを使っていたのですが、Niftyを退会することになり、何度か移設し現在に至っています。

いつの間にか、13年目です。
長年やっている割には記事総数は770ちょっとですので、少ないですね。
ということで、再生できない環境が減ってくれればいいのですが。
mp3 や mp4 が再生できない環境は、余程古い環境でなければそう無いかなと思っているのですが、
もし、音声や動画が再生できない場合は、具体的な環境を明示してコメントでお知らせください。

2016/11/19(土)初めてラジオキットを組み立てた時にたまたま流れてきた音楽

2016/11/19 3:55 コラム
個人的な話ですが、今年の3月末から始めたプロジェクトが、第一段階の完了の目途が立った今日この頃。
子供のころに製作した初めてのラジオキットは、お約束の中波放送を受信するものでしたが、当時はどう頑張っても丸一日かかったものです。
今時の 100円ラジオなんぞ考えられなかった時代ですよ。。

またまた、これもお約束で、殆どの場合一発で動作することはありません。

あーでもない、こーでもないと調べあげ、3日後くらいに、やっと受信ができるようになって、
感激に浸って少し後に流れてきた音楽がコレ ↓


未だによく覚えています。
調べるとそこそこ古く(1972/昭和47年)、あちこちで「フォークソングのイメージを一変させた名曲」とも評価されているようですね。
この時代(1970年代-1980年代)の楽曲はジャンル問わず、現在と比べるとメッセージ性が強いものが多いと感じます。

2016/09/10(土)足元に4か国語・・・

2016/09/09 25:34 コラム
札幌に明治の開拓時代からある狸小路商店街(狸小路7丁目)にて。
たぶん、同じ意味なんでしょうな。。。撮影していたら近所の店舗の店員に観光客と勘違いされました。。orz
最近、表面の舗装を剥がして埋設管の交換などの工事があちこちで行われています。

ちなみに狸小路商店街界隈には、季節問わず、いつ行っても中国語を話す観光客がうろついています。
ここ3~4年のことなのですが、必ず遭遇するんです。狸小路7丁目独特の他よりも若干あやしい雰囲気も手伝っているかもしれません。
団体客来襲から気の合った少人数グループで来るようになったのが最近の新しい傾向のような。。


OK キャンセル 確認 その他